アフィリエイトで稼ぐなら、バナーブリッジ
輪姦の女神  完全素人参加によるオリジナル輪姦動画配信中!
 女性のためのエッチなメルマガ
 二人のための優良ラブグッズショップ
 女性のエッチ検索で楽しみませんか?
 一押しのライブチャットサイトです。
エッチな女性がたくさんいますよ。
 アダルト小説の宝庫。
 私もいつも楽しませてもらっています。
 女性のための、安心な出会い系
 完全無料サイトのトップページには、
 広告が一杯って知ってました?
 真剣な出会いを探す人のための、
真面目な多機能出会い系サイトです。
ネットアダルトの部屋 陵辱者 ②
FC2ブログ
素人が書くアダルト小説、アダルトライブチャット体験記などがあります。

ネットアダルトの部屋

陵辱者 ③ | main | 陵辱者 ①
陵辱者 ②
男は、ローターのスイッチを切り、
全身を紅潮させ、汗が光る体を眺めながら、
『あっさりと落ちたねぇ。』とつぶやく。
その声を聞き、里奈は、男を睨み「卑怯者」と叫ぶ。
『そうそう、その調子。これから本番なんだから。
最後は自分から懇願するんだけど、まだ早いよ。』
と耳元で囁く。
「誰が懇願なんかするものですか。」怒りに満ちた声を上げるが、
身体は、すでに反応し、後戻りできなくなりつつある。



ブログランキングに一票を。
あそこはすでにいやらしい蜜で、べっとりと濡れている。
『ローションは必要ないようだな』と言いながら、
ハサミを使い、里奈の濡れた下着を切り取る。
あそこは、すでにいやらしい蜜で溢れ、濡れ光っていた。

『かなり感じてるみたいだなぁ。おもらししたみたいに濡れてる。』
「そんなことないわ」強がってはみても、濡れている事は自分でもわかる。
それほど、男の責めは巧みだった。
『Sっ気の強い女だと聞いてたが、実はMのようだねぇ。』
男の言葉に動揺するあなた。

男は、ピンクのローターを、里奈の割れ目に触れさせる。
まだ、スイッチは入っていないが、
里奈の身体が反応し、口から声が漏れる。
「あっ、やっ」
男は、割れ目に沿って、ゆっくりと上下に動かしていく。

ぬちゃぬちゃという音を伴いながら、上下させる。
今度は、下から上に動かし、割れ目の上端で、
軽く上に弾くようにする。
ちょうど、敏感なクリトリスを弾かれることになり、
そのたびに、里奈の口から、いやらしい声が漏れる。
「あっ、あっ、あぁぁっ」

男は、里奈の中へローターを挿入する。
溢れた蜜が潤滑油がわりとなり、あっさりと埋没する。
そして、男はコントローラーのスイッチを入れる。
里奈の体が弾けるように跳ね、喘ぎ声が漏れる。
「あっ、いや、あっ、あっ」

男は、割れ目から指でいやらしい蜜を掬い取り、
クリトリスに塗りつけていく。
そして、指先で刺激する。
ゆっくりと表面を擦ったり、
軽く叩くように刺激したりしていく。
あそこの中で振動するローターとの相乗効果で、
里奈を昂ぶらせていく。

男は、クリトリスの上を軽く押さえるようにして、
クリトリスを剥き出しにしていく。
そして、反対の手で剥き出しになったクリを撫で回していく。
里奈の体は、大きく反り返り、声も大きくなる。
『なかなか、いい声が出るようになったね。』
男の声はすでに耳に入らない。

男は、クリトリスを剥き出しにしたまま、
もう一つの黄色いローターのスイッチを入れ近づけていく。
ローターがクリトリスに触れた瞬間、今までで一番激しく、体が弾け、
『くっ、あっ、あはっ、いゃぁぁ』
大きな悲鳴のような声が上がる。
その声も関係ないように、
男は、腰を振り、逃れようとする里奈の
クリトリスに、そのローターを触れさせ続ける。
「あっ、いゃ、お願い、やめて」
その刺激により、どんどんと昇りつめ、追い詰められ、
ついに、「イク、イク、イク~ッ」という声を上げた。
里奈は、絶叫とともに、イッてしまった。
その瞬間、あそこから潮を吹き、激しく体を痙攣させた。

それを見届け、二つのローターのスイッチを切り、
あそこからローターを取り出す。
そして、黒くグロテスクなバイブを手にする。

乱れていた呼吸が、少しずつ落ち着き始めたばかりの里奈に、
次の責めが容赦なく繰り出される。

 ⇒ 陵辱者 ③
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ:素人官能小説 - ジャンル:アダルト

| 里奈 | 14:07 | トラックバック:0コメント:1
コメント
コットンポータル
コットンの検索サイト。オーガニックコットン、佐伯チズ、コットンハウス、ソフト、コットンクラブなどコットンに関する各種情報をお届けしています。 http://alien.santamonicatravelodge.com/
2008.11.29 Sat 10:10 | URL |
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://keigo315.blog71.fc2.com/tb.php/3-c0271abc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

keigo

Author:keigo
素人が書く小説です。
今までに読んだ官能小説を模倣している部分があると思いますので、盗作とかの指摘はご勘弁を。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
アダルト小説の書庫
お奨めライブチャット
大人のおもちゃ屋
優良動画サイト
出会い系