アフィリエイトで稼ぐなら、バナーブリッジ
輪姦の女神  完全素人参加によるオリジナル輪姦動画配信中!
 女性のためのエッチなメルマガ
 二人のための優良ラブグッズショップ
 女性のエッチ検索で楽しみませんか?
 一押しのライブチャットサイトです。
エッチな女性がたくさんいますよ。
 アダルト小説の宝庫。
 私もいつも楽しませてもらっています。
 女性のための、安心な出会い系
 完全無料サイトのトップページには、
 広告が一杯って知ってました?
 真剣な出会いを探す人のための、
真面目な多機能出会い系サイトです。
ネットアダルトの部屋 綾香  21歳 ①
FC2ブログ
素人が書くアダルト小説、アダルトライブチャット体験記などがあります。

ネットアダルトの部屋

綾香  21歳 ② | main | お薦め その② エンジェルキッス
綾香  21歳 ①
綾香がアダルトライブチャットに登録して、すでに三ヶ月が経過していた。
大学の友人から教えられた、ちょっとエッチなバイトは、小遣い稼ぎだけでなく、刺激的な遊びになりつつあった。



相手の指示に従い、服を脱ぎ、自慰をしてみせる場合もあれば、いろいろと話をすることもある。
さまざまなシチュエーションでのイメージプレーを好む相手もいれば、ただ見てるだけの相手もいる。
不思議な世界だと、綾香は思っていた。
経験を積み重ねることによって、綾香は、荒っぽいだけの独善的な若い男性よりも、気配りをしてくれる年配の男性が好みになっていた。
と同時に、自分の中に、秘められた願望があることを意識し始めていた。



ブログランキングに一票を。
その日、待機していた綾香のところに、初めて訪れた男性がいた。
年齢は、38歳。プロフィールを見ると、既婚者と表示されていた。
自分のタイプをSにしている。
直感的に、自分の理想の男性だと綾香は思っていた。
男の名は、ヒロと表示されていた。

『こんばんは。初めまして。』
ヒロからの挨拶が画面に表示された。
「こんばんは。きてくれてありがとう。」
綾香が返事をする。

ヒロは、綾香のことをいろいろと聞いてきた。
いつから始めたの? どういう経緯で? 楽しんでる?
というように、次々と問いかけられる。
話をしてみると、ヒロは、かなり経験の長い人のようだ。
ライブチャットのことも、チャトレのことも、よく知っていた。
いろんな話をして、いつのまにか30分近く経過していた。

綾香は、話だけでいいのかな?と疑問を感じ始めていた。
何度か、エッチなチャットをした相手と、ゆっくりと話しこむことはあったが、
初めての相手と、そういう雰囲気にもならずに話すことは経験がなかった。
ただ、話の内容は楽しく、チャトレとして参考になる話も多かった。
だからこそ、相手に申し訳ないような気になっていた。



綾香は、思い切って話を切り出した。
「ヒロさんは、エッチなことには興味ないのですか?」
『そんなことないけど、どうして?エッチなことの方がいい?』
「いえ、楽しいお話をしてもらって、私ばかり楽しんでいていいのかなと思って。」
『うん。どうせエッチするなら、綾香の望むエッチをしたいからね。
そのためには、いろいろと聞きたいなぁと思ってたんだよ。』
「そうなんですか。ごめんなさい。」
『いや、いいよ。説明してなかったし。それじゃ、そろそろ本題に入りましょうか。』
「は、はい。」

『綾香の願望を知りたい。』
「願望ですか?」
『そう、普段はできないけど、ここでやってみたいと思うこと。』
「う~ん。なんでしょう?」
『あまり意識してないのかな。』
「男性のお相手をするので精一杯ですからね。自分がこうしたいとは考えたことありません。」
『じゃあ、指摘してみようか。』
「えっ?」
『私のイメージで確認してあげるよ。』
「そんなことわかるんですか?」
『そうだね。なんとなくだけど。綾香は、チャットエッチでふだんよりも興奮することあるかい?』
「う~ん‥‥‥。いけないことしてるって意識した時かな。」
『なるほど。それ以外は?』
「見られてるって感じた時とか、恥ずかしいことを命令された時‥‥‥。」
『なかなかいい感じだねぇ。』
「えっ、なんか恥かしいな。」



『それじゃ、そのあたりから刺激してみようか。明日、今日と同じように午後10時にサイトで待ち合わせしましょう。』
「はい。」
『その時に、楽しませてあげるけど、少し仕掛けをさせてもらうよ。』
「仕掛け‥‥‥、ですか?」
『そう、仕掛け。おもちゃを持ってるって話したよね。ローターとオルガスターかな。』
「はい。」
『下着はそのままで、オルガスターをあそこに挿入して、スイッチを入れて、
待ち合わせの表示をして、待機して待っていてくれるかな。』
「えっ、待機の時におもちゃ使うんですか?」
『そう、できるよね、綾香なら。』
「でも、そんなことをしたことありません。恥かしいです。」
『だから試すんですよ。綾香の願望を確認するために。』
『約束どおり待っててくれたら、ログインしますよ。いいですね。』
「でも、そんなことしたら、覗いた人にバレないかな?」
『大丈夫ですよ。服装はいつものままだから。』
ヒロの半ば強引な約束を、綾香は断りきれない。
「わかりました。やれるだけやってみます。」
『それじゃ、明日を楽しみにしています。』
「は、はい。」



チャットが終わった後、綾香は、とんでもない約束をしたかなという後悔の気持ちと、
どんなことになるのだろうという期待を同時に抱いていた。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ:官能小説 - ジャンル:アダルト

| ライブチャットの女 | 20:45 | トラックバック:0コメント:2
コメント
ネトルの美容効果
ネトルはヨーロッパやアジアが原産のハーブで、ハーブティには葉の部分を使用します http://beauty.victoriaclippermagazine.com/
2008.11.27 Thu 17:02 | URL |
米国食品医薬品局の美容効果
便の中に肉眼ではわからない血液(潜血)がないかを調べる検査で、消化器系の病気の有無をチェックするためにおこなわれる http://handgrip.victoriaclippermagazine.com/
2008.11.28 Fri 16:21 | URL |
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://keigo315.blog71.fc2.com/tb.php/20-e1eaa4d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

keigo

Author:keigo
素人が書く小説です。
今までに読んだ官能小説を模倣している部分があると思いますので、盗作とかの指摘はご勘弁を。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
アダルト小説の書庫
お奨めライブチャット
大人のおもちゃ屋
優良動画サイト
出会い系