アフィリエイトで稼ぐなら、バナーブリッジ
輪姦の女神  完全素人参加によるオリジナル輪姦動画配信中!
 女性のためのエッチなメルマガ
 二人のための優良ラブグッズショップ
 女性のエッチ検索で楽しみませんか?
 一押しのライブチャットサイトです。
エッチな女性がたくさんいますよ。
 アダルト小説の宝庫。
 私もいつも楽しませてもらっています。
 女性のための、安心な出会い系
 完全無料サイトのトップページには、
 広告が一杯って知ってました?
 真剣な出会いを探す人のための、
真面目な多機能出会い系サイトです。
ネットアダルトの部屋 2006年10月
FC2ブログ
素人が書くアダルト小説、アダルトライブチャット体験記などがあります。

ネットアダルトの部屋

美保 23歳 ③
美保が再び目を覚ました時、テレビの前に座らされていた。
男に犯され、中だしされ、そのまま気を失っていたのだ。
肘掛の付いた椅子に、浅く座らされ、
両膝を肘掛に乗せた状態で、ロープで括り付けられていた。
全裸のまま、両足をM字に広げられているため、
美保の淫らな部分は、むき出しにされていた。
そして、テレビの画面に自分のその部分が映し出されていることに気付く。
自分でもじっくりと見たことのない部分が、大きく映し出されている。
『いや、外して、こんなの嫌。』
男の声が背後から聞こえる。
「ようやくお目覚めか。まぁ、おかげで抵抗なく次の準備ができたがね。」
『もう、やめて。あれだけやったんだから満足でしょ。』
「とんでもない。あんなの序の口じゃないか。
これから、たっぷりと最高の快楽をその身体に教えてあげるよ。」
男は、そういうと美保の前にひざまずくように座る。



ブログランキングに一票を。
[美保 23歳 ③]の続きを読む
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ:官能小説 - ジャンル:アダルト

| 調教される女 | 18:19 | トラックバック:0コメント:0
美保 23歳②
男は、見覚えのある段ボール箱を持ってきた。
それは、美保が気を失う前に、配達員の服装をした男から渡されたものだった。
男は、段ボール箱の封を開け、中のものを取り出している。
そして、男は、両側に二つの皮の輪のようなものが付いた黒い棒を取り出した。
それを持って、男は美保の両足の間に座り、
棒の片方に付いている皮のベルトを美保の右の足首に巻きつける。
『いや、何をするの?』
「楽しむための小道具さ。」
『いや、やめて。』
男は、美保の言葉を無視して、棒の反対側の革のベルトを左の足首に巻きつける。
そして、男は、美保の両足をベッドに括り付けていたロープを解き、
棒を持って、美保の両膝を胸に圧し付けるように、身体を曲げさせる。
その棒は、足枷
となり、美保の足の自由を奪う。
男は、ロープを使い、その棒をベッドの頭の方に括り付けた。
美保の身体は、両膝を胸元に抱え込むように折り曲げられてしまった。
「いやらしいシミが良く見えるようになったよ。」
『やっ、見ないで。』
美保のショーツは、その淫らな部分のシミまではっきりと見えるようになってしまった。
「それじゃ、美保のあそこの濡れ具合を確かめるとするか。」
美保は、男の手が腰にまわされ、ショーツを剥ぎ取ろうとしていることに気付き、
必死に身体を揺すって抵抗を試みる。
『いや、やめて、見ないで』
美保の抵抗もむなしく、ショーツは、腰から丸みを帯びた尻肉を越えて、
難なく剥き上げられ、ぐっしょりと濡れた淫らな部分が丸見えになった。



ブログランキングに一票を。
[美保 23歳②]の続きを読む

テーマ:官能小説 - ジャンル:アダルト

| 調教される女 | 22:06 | トラックバック:0コメント:0
美保 23歳①
美保は、目に眩しさを感じ、ぼんやりとした意識のまま、目覚めた。
直前までの記憶がはっきりとせず、自分の置かれた状況、場所などの記憶がはっきりとしなかった。
少しずつ戻ってくる意識の中で、見慣れた天井を見ていることがわかり、
自分の部屋のベッドの上に寝ていることはわかった。
状況を把握するために身体を起こそうとして、身動きができないことに気付く。
(えっ?動けない。)
身体を横に向けることさえできず、四肢が別々に、ベッドに括り付けられている。
しかも、身につけているのは、ブラとショーツだけだった。
(えっ?どうして?)
状況を把握するにつれ、頭が混乱してくる。
必死に記憶を辿っていくと、宅配便の配達員の顔を思い出す。
(そういえば、荷物が届いて、それを受け取ろうとしてた。)
(見慣れない人だなぁと思ったら、急に衝撃があって‥‥‥)
そこで記憶が途切れている。
その状況を認識し、危険な状態だと気付き、慌てて、身体の自由を取り戻そうと力を入れるが、
ベッドがガタガタと音を立てるだけで、拘束が解ける感じはなかった。
「お目覚めかな。」
部屋の入口から男の声が聞こえた。
美保は、その声に驚き、慌てて、そちらを向く。






ブログランキングに一票を。
[美保 23歳①]の続きを読む

テーマ:官能小説 - ジャンル:アダルト

| 調教される女 | 18:28 | トラックバック:0コメント:0
綾香  21歳 ⑤
綾香は、ヒロの命令に従いながら、他の男性にも覗かれているという状況に、
我を忘れるぐらいの興奮を感じていた。
覗いている男性は、いつの間にか5人に増えていた。
『さっきは、いやらしい身体を見られずにイッたけど、
今度は、いやらしい姿を見られながらイクんだよ。』
「あぁぁ、恥かしいです。」
『もっともっと恥かしいことをして、気持ちよくなりたいんでしょ。』
「い、言わないでください。」

『それじゃ、オルガスターを使って、オナニーしてごらん。』
「はい。」
綾香は、オルガスターを手にとった。
それだけで、さっきの興奮が甦ってくる。



ブログランキングに一票を。
[綾香  21歳 ⑤]の続きを読む

テーマ:官能小説 - ジャンル:アダルト

| ライブチャットの女 | 00:04 | トラックバック:0コメント:0
| ホーム |

プロフィール

keigo

Author:keigo
素人が書く小説です。
今までに読んだ官能小説を模倣している部分があると思いますので、盗作とかの指摘はご勘弁を。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
アダルト小説の書庫
お奨めライブチャット
大人のおもちゃ屋
優良動画サイト
出会い系