アフィリエイトで稼ぐなら、バナーブリッジ
輪姦の女神  完全素人参加によるオリジナル輪姦動画配信中!
 女性のためのエッチなメルマガ
 二人のための優良ラブグッズショップ
 女性のエッチ検索で楽しみませんか?
 一押しのライブチャットサイトです。
エッチな女性がたくさんいますよ。
 アダルト小説の宝庫。
 私もいつも楽しませてもらっています。
 女性のための、安心な出会い系
 完全無料サイトのトップページには、
 広告が一杯って知ってました?
 真剣な出会いを探す人のための、
真面目な多機能出会い系サイトです。
ネットアダルトの部屋 2006年06月
FC2ブログ
素人が書くアダルト小説、アダルトライブチャット体験記などがあります。

ネットアダルトの部屋

恥辱調教
洒落たイタリアンの店で食事を済ませ、
街を歩く里奈と彼。
食事とともに楽しんだワインの酔いが心地よく、
ふわふわとした気分でゆっくりと彼の部屋までの道を歩く。

『部屋に行く前にちょっと寄り道するよ。』と彼が囁く。
そういうと、彼は狭い路地を入り、
その先にあるブティックのような店へと里奈を連れて行く。

店の外観も、店の内装もブティックだが、
店内には、普通のブティックとは少し趣向の違う品が並ぶ。
胸元の切れ込んだドレスやきわどい下着だけではなく、
いわゆる大人のおもちゃと呼ばれるものや、
拘束具などが品数豊富に陳列されている。
奥にいた店長らしき男性が近寄り、彼にお辞儀をする。


ブログランキングに一票を。
[恥辱調教]の続きを読む
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ:官能小説 - ジャンル:アダルト

| 里奈 | 00:20 | トラックバック:0コメント:1
友里 その③
7月13日

その日、京光学院は、地区予選3回戦を戦った。
ここまでは、ノーシード校との戦いで、戦力差があり、5回コールド13-0というスコアだった。
友里は、球場まで試合を見に行き、応援した。
今日は快勝だったが、これから決勝までの4試合は、レベルが高くなり、油断できない試合が続く。
その陰で、友里の孤独な戦いも続いていた。


ブログランキングに一票を。
[友里 その③]の続きを読む

テーマ:官能小説 - ジャンル:アダルト

| 散る花 艶づく果実 | 21:41 | トラックバック:0コメント:1
瑞穂 その②
7月9日

前日に行われた予選の最初の試合は、京光学院の快勝だった。
シードによる二回戦からの登場とはいえ、やはり初戦は硬くなるもので、前半は得点が入らず、苦しい展開であった。しかし、中盤に先制してからは、打線が爆発し、大差での勝利となった。
その日の夜、瑞穂の携帯にメールが届いた。
あの男からだった。
「初戦突破おめでとう。まぁ、こんな所で負けるはずもなかったかな。
さて、初戦突破も決まった事だし、明日、二回目の命令を実行してもらおう。
明日の練習が終わった後、○○駅の北側のロッカー前に来なさい。
着いたらメールで連絡するように。」
(また、恥ずかしいことをされるの?)
瑞穂は、不安になった。


ブログランキングに一票を。
[瑞穂 その②]の続きを読む

テーマ:官能小説 - ジャンル:アダルト

| 散る花 艶づく果実 | 20:49 | トラックバック:0コメント:1
瑞穂 その①
7月3日

野球部の練習は、日を追うごとに充実してきていた。
後は、怪我さえなく、今のままのコンディションで大会に入れば、念願の全国大会への切符も手に入るのではないかという雰囲気になっていた。
そのチームの中で、最近元気のない者が一人いた。
それが、二年生のマネージャー、加藤瑞穂だった。
一週間前、瑞穂の元に届けられた写真と手紙が、瑞穂の気持ちを暗くさせていた。

その写真には、チームのエースであり、瑞穂が心を寄せる雨宮紳一が写っていた。
それだけならただの写真だが、そこには、高校球児としては大いに問題のある光景が映し出されていた。さらに、雨宮だけでなく、他の野球部員や見慣れた顔が他にも写っていた。
添えられた手紙には、この写真の処理について、相談したいと書いてあった。
そして、メールアドレスが書いてあり、相談に応じるつもりがあるなら、そこに連絡するようにと書いてあった。
瑞穂は、誰にも相談できないまま、そのメールに返事をした。
すぐに、「了解した。また、連絡する」という返事が戻ってきていた。


ブログランキングに一票を。
[瑞穂 その①]の続きを読む

テーマ:官能小説 - ジャンル:アダルト

| 散る花 艶づく果実 | 21:05 | トラックバック:0コメント:1
友里 その②
7月6日

いよいよ明後日から、県予選が始まる。
本当なら、ただ純粋に彼のことを応援していればいいはずなのに、
今は、勝ち進んでいくことで、男からの要求が厳しくなるのではという不安を抱えていた。
彼のために。それだけが友里の支えだった。
大会を目前に控え、練習に打ち込んでいる彼とは、この1週間ほとんど話をしていない。
メールはほぼ毎日届くが、会話はほとんどなかった。
しかし、今の友里にとって、それは救いだったかもしれない。
平静を装っていられた分、楽だったからだ。



ブログランキングに一票を。
[友里 その②]の続きを読む

テーマ:官能小説 - ジャンル:アダルト

| 散る花 艶づく果実 | 00:30 | トラックバック:0コメント:1
友里 その①
6月30日

友里は、朝から憂鬱な気分だった。
彼である雨宮紳一の問題が明るみに出ないように、自分が盾にならなければならないと心に決め、手紙を送ってきた男の要求を飲むことにした。
相手との交渉が成立したにもかかわらず、その後、男からの連絡がないまま一週間が過ぎていた。
ところが、昨夜、メールが届き、男からの指示が届いた。
その内容を読み、漠然とした想像をしていたとはいえ、衝撃を受けていた。
それは、明日一日、ブラとパンティを着けずに生活することを要求するものだった。
その内容を想像しただけで、眠れず、朝が来るのが恐かった。
結局、眠りはしたものの、睡眠不足と不安な気持ちで、朝からぐったりと疲れていた。


ブログランキングに一票を。
[友里 その①]の続きを読む

テーマ:官能小説 - ジャンル:アダルト

| 散る花 艶づく果実 | 18:27 | トラックバック:0コメント:1
陵辱者 ③
男は、バイブの先端を、割れ目に触れさせ、
潤滑油がわりにするために、いやらしい蜜を塗りつけていく。
そして、割れ目に先端を軽く沈め、上下に滑らせていく。



ブログランキングに一票を。
[陵辱者 ③]の続きを読む

テーマ:素人官能小説 - ジャンル:アダルト

| 里奈 | 14:07 | トラックバック:0コメント:1
陵辱者 ②
男は、ローターのスイッチを切り、
全身を紅潮させ、汗が光る体を眺めながら、
『あっさりと落ちたねぇ。』とつぶやく。
その声を聞き、里奈は、男を睨み「卑怯者」と叫ぶ。
『そうそう、その調子。これから本番なんだから。
最後は自分から懇願するんだけど、まだ早いよ。』
と耳元で囁く。
「誰が懇願なんかするものですか。」怒りに満ちた声を上げるが、
身体は、すでに反応し、後戻りできなくなりつつある。



ブログランキングに一票を。
[陵辱者 ②]の続きを読む

テーマ:素人官能小説 - ジャンル:アダルト

| 里奈 | 14:07 | トラックバック:0コメント:1
陵辱者 ①
広い部屋の真ん中に置かれた肘掛のある、少し大きめの椅子。
椅子と向き合うように、大きな鏡が置かれている。
里奈が気づいた時、里奈はその椅子に縛り付けられていた。
両手は、頭の後ろで固定され、縄で椅子にくくりつけられている。
両足は、左右の肘掛に膝を縄で固定されている。
身に付けているのは、ピンクのブラとお揃いのパンティだけだ。

鏡に男の姿が映る。
上から下まで黒い服装の男。クールな雰囲気がある。
その男が里奈の真後ろに近づく。



ブログランキングに一票を。
[陵辱者 ①]の続きを読む

テーマ:素人官能小説 - ジャンル:アダルト

| 里奈 | 14:05 | トラックバック:0コメント:1
プロローグ
 ここは、京光学院高校の野球部グラウンド。
 今年の京光学院は、プロも注目する県屈指の右腕である雨宮紳一の存在で、地区大会の有力な優勝候補となっていた。
 進学校として名高い私立の京光学院では、県大会優勝、甲子園出場に手が届くかもしれないという思いもよらぬ事態に、学院挙げての応援ムードが高まりつつあった。
 惜しむらくは、昨年の秋に練習中に発生した事故により、雨宮とともに注目されていた四番打者、高山隆二を失ったことであろう。手首の複雑骨折と肩関節の損傷という大怪我に見舞われ、選手生命を絶たれてしまった。
 打線の軸を失い、エースの雨宮にかかる負担は大きくなったが、雨宮は、親友である高山のためにも、どうしても出場したいと気合いを入れていた。
  
 グラウンドで練習をする雨宮に対し、注目する二人の女性がいた。
 生徒会室の窓から、グラウンドを眺めているのは、雨宮の彼女であり、生徒会長をつとめる大島 友里。優秀な成績と凛とした美しさから、彼女のファンは多かったが、この二人の関係は学内でも広く認知されており、生徒の間でも理想のカップルとして、憧れられていた。
  
 もう一人、雨宮と同じグラウンドの中で、彼を見つめていたのが、加藤 瑞穂。瑞穂は、野球部のマネージャーとして、雨宮に憧れていた。友里の存在を知っていたが、自分の気持ちを押し殺すことはできなかった。片想いのままでもいいから、そばにいて応援したい。それが瑞穂の今の気持ちだった。
  
 予選まで後2週間というある日、友里の元に、一通の手紙が届けられた。
 その封筒に入っていた写真には、雨宮の信じられない光景が映し出されていた。
 もし、その写真が事実であり、公開されれば、野球部は出場を辞退せざるをえなくなる。
 そういった内容の写真だった。
  
 写真と一緒に入っていた紙には、次のように書いてあった。
 『この写真の件について、あなたと相談したいことがあります。相談の結果によっては、この写真は、ネガとともに破棄することを約束します。返事は、書いてある携帯メールへ送ってください。期限は、今日中です。』
  
 友里は、どうしたらいいのか、躊躇したが、当然のことながら、雨宮にも相談できるはずもなく、友里は自分がこの相手と交渉するしかないのだと悟り、これから孤独な戦いを始めることに不安を感じずにはいられなかった。
 そして、夜、自宅に戻り、書かれていたアドレスに、返事を送った。
 『お話を伺います。』


ブログランキングに一票を。

テーマ:官能小説 - ジャンル:アダルト

| 散る花 艶づく果実 | 12:12 | トラックバック:0コメント:1
| ホーム |

プロフィール

keigo

Author:keigo
素人が書く小説です。
今までに読んだ官能小説を模倣している部分があると思いますので、盗作とかの指摘はご勘弁を。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
アダルト小説の書庫
お奨めライブチャット
大人のおもちゃ屋
優良動画サイト
出会い系